日傘男子は気持ち悪い!?みんなの意見を聞いてみた!!

ここ数年、 美白ブームが男性にも浸透してきて日傘を差す男性が
増えてきましたね。
そして、それを「気持ち悪い」と批評する女性も増えだしたとか。
どうやら男性が日傘を差すのは弱々しい印象を抱くみたいで、
女性ウケが良くないようです。

そして「日傘男子」という新しい言葉が出てきました。
酷暑対策も兼ねて男性が日傘を差すようになり、広がりました。

でも、日傘男子いいじゃないですか!私は大賛成ですよ。
今の夏の日差しは暑いのを通り越して痛いですもんね。
大人も子供も日傘をもっと使うべきだと思っています。

数年前と違って今、みんなが日傘男子をどう思ってるのか?
今年こそ、しっかり日焼け対策をしたい!
そんなあなたを後押しできたら嬉しいです。

やっぱり気になる!日傘男子に対する女子の意見は!?

男だって直射日光は暑い!
じゃぁダボダボの服を着たら涼しいかというと、そうでもない。
そこで目に留まるのが日傘です。

実際、日傘を差してる男性に対して「別にいいんじゃない?」
「むしろ差すべき」という支持派と、
「女々しい」「気持ち悪い」という反対派がいます。
また、男性側も日傘を使いたいけど恥ずかしくて差せないという人
も、まだまだ多いのです。

反対派の女性の声を聞いてみると、
「女々しくて、並んで歩きたくない」というのが本音。
ナヨナヨした男性よりも、ちょっと日焼けしてる方が
たくましくて好き!という女性は結構います。

でも、美白目的だけじゃない、暑さ対策で差してるんだ
ということが分かれば納得しやすいようです。

この日傘、実際に使ってみるとかなり涼しいのです。
私も若い頃は
「日傘なんて!美意識高い系女子か、おばさんのアイテムじゃん」
と思ってました。
でも猛暑が当たり前になってきた頃から、日差しの痛さに負けて
差すようになったのです。
最初はUVカットの長袖カーディガンを着てたけど、それだけじゃ
日差しは防げなかった。変に日焼けしてシャワーを浴びた時に
ヒリヒリして痛い思いもいましたしね。

日傘が涼しいことを知らない人は意外と多いので、一度日傘に
入れてあげてみてください。
その涼しさに驚いて使いたくなる友達が増えますよ。

日傘が体に優しいことを知っている支持派の女性は、男性の日傘利用にとても
寛大です。こんなに良い物、どんどん使ってください!って感じ。
体にとって日傘がどれだけ楽なのかが分かると、周りの人にも
オススメしたくなりますね。

 

素敵な日傘男子になる為の3ヶ条!!

日傘と一口に言っても、いろいろなデザインがあります。
昔ながらのフリルたっぷりレースから、シンプルなものまで。
どうしたら素敵な日傘男子になれるか見てみましょう。

機能性で選ぶ

男性用はシンプルなデザインが多く、機能性を重視したものも
ありますよ。
オススメは遮光率100%の日傘。遮光とは光をさえぎることで、
この数値が高ければ高いほど、涼しさが全然違います。
日傘の外側の色は、淡い色の方が傘自体に熱がこもりにくくて
涼しいので、白っぽい色やシルバーの場合が多いですが、晴雨兼用
で探すとブルー系の傘がたくさんあります。
また、内側がシルバーになっている日傘もあります。これは
足元からの照り返しを防いでくれる優れもの。

日傘差してるのに妙に日焼けした、なんて時はアスファルトからの
照り返しが原因かもしれませんよ?

デザインで選ぶ

日本古来の傘、蛇の目傘を思い起こさせる16本骨の日傘や、
コンパクトサイズの折り畳み傘などなど。
探してみると雨傘並にいろいろな特徴のある日傘があります。
せっかく使うならお気に入りの1本を探したいですよね。
コツは、「晴雨兼用」で探すこと。機能性はちょっと落ちますが、
きっと素敵な傘が見つかりますよ。

自信をもって差す

どんなに素敵な日傘でも、使う人がビクビクしていたら台無し。
恥ずかしくなってきたり、自信がなくなってきた時こそ思い出して!

どうしてあなたが日傘を差そうと決めたのか。
日傘を使う前は、どんな思いをしていたのか。

今でこそハンディカムでの通話は当たり前ですが、数年前までは
珍しい光景でした。
あれって独りで喋っているように見えるから、ちょっと怖かったり
しませんか?
それと同じです。数年後には珍しくもなんともなくなって、
「日傘男子」という言葉も死語になってると思いますよ。

最後に

「日傘男子」についてお話ししてきました。
そもそも日傘はただの道具です。道具を使って太陽の紫外線から
自分の肌を守っているだけなので、批評すること自体おかしな話です。
男性だって女性と同じく、お肌のケアをしているのですから。
だからどうぞ、自信を持って夏を乗り切ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました