子供にさせるべき習い事ランキング2019!親必見!明日から始めよう!

大切な子供が生まれたら、将来のことを考えて習い事をさせた方が
いいのかしら?と思うのが親心ですよね。
「本人のやる気があれば何でも挑戦させたい!」という人もいると
思いますが、選択肢がたくさんある今だからこそ、人気の習い事が
気になります。
今回は人気の習い事にどんなものがあるのか、見てみましょう。

ランキングトップ!!才能を開花させる可能性が最も高いのは〇〇だった!?

お子さんに何か習い事をさせる親御さんは、今も昔も多いです。
では、どうして習い事をするのでしょうか?
先輩ママの声から見えてきたのは、メリットがたくさんあるから。
その中でも、特に3つの効果を期待しているママが多い事が
分かってきました。

習い事のメリット
①学校では習えない礼儀やスキル身につく
②学校以外のお友達が増えることで、社交性が身につく
③出来るようになった経験が自信をつけさせる

小さいころから始める大きな魅力は、その力を着実に習得出来る
ことです。また、教室で学ぶ礼儀やそこで出会えるお友達は、
「我が子の将来にとって大切な体験になった」と感じている人が
多いです。

では、お子さんの将来に大きな影響を与える人気の習い事を
見てみましょう。

1位:学習教室
ランキング1位には、学習教室がランクイン。

小学校高学年から通い始めてもいいのですが、幼稚園~小学校
低学年頃から通い始めて、勉強のための基礎作りとしてのメリット
が大きいです。
低年齢の学習教室は遊び感覚で通える教室が多いため、
「学ぶこと=楽しいこと」という感覚を小さいころから身に着けら
れます。

2位:水泳
年代・性別を問わず根強い人気があります。

運動神経を養うだけでなく、泳げるようになることで、お子さんの
自信がつきますよ。また、準備するのも水着やゴーグルぐらいなので、
すぐに始められるというのも人気の1つです。

3位:ピアノ・エレクトーン
情緒が豊かになると人気です。

音楽的才能を伸ばすことができ、譜面を覚えて両手で演奏する
ことで、脳の処理能力と思考力アップも期待できます。
ピアノには反復練習が大切になってくるので、「コツコツ続ける」
という持久力を養うこともできますよ。

4位:英語教室
小学校でも必須になってくるので人気が高いです。

子供の頃の方が吸収力が高いですし、遊び感覚で覚えるので、
幼稚園や小学校低学年のから習わせるのがベストなタイミングでしょう。
家庭でも一緒に英語の勉強ができるので、親子のコミュニケーション
が深くなるメリットもあるようです。

5位:サッカー
男の子だけではなく、女の子のサッカー人口も増えだしてます。

体力づくりはもちろんのこと、協調性や社会性といった相手を尊重
する心を養えるというメリットもあります。

やはり、小学校の授業を見据えた習い事が人気なようですね。
でも、それも親御さんの支えがあって初めて生きてくるもの。
まずは、お子さんとあなたが楽しめる習い事を探してみましょう。

我が子がモテモテに!?番外編!モテる習い事ランキングトップ3!!

さまざまな大会や競技がTV放送などで紹介されるようになって
きましたよね。
そこで時々耳にするのが「子どもの頃からずっと続けてた」という
言葉。習い事人口が少なくても真摯に取り組む姿は、やっぱり
かっこいいですよね。
そこで、番外編としてモテる習い事をランキングしてみました。

お子さんが興味を持って続けられたら、もしかしたら・・・
もしかしちゃうかもしれませんよ!

・和太鼓
楽器の習い事といえば、始めるための準備に費用がかかって
ハードルが高いイメージがありますが、和太鼓を習う時に必要
なのはバチだけ!
全身を使って演奏するので、体力つくりにも向いてますし、初心者
でも楽しめるのも和太鼓の大きな特徴です。

・ボルダリング
オリンピック競技にもなり、最近人気のボルダリングは、基礎体力
とバランス感覚が磨けるスポーツ。
ゲーム感覚で楽しみながら集中力と体幹を鍛えることができます。
レベルにあわせたコースがあるので、親子で一緒に習えるのも
嬉しいポイントです。

・ダンス
2012年から小学校で必修科目となったダンスは、人気急上昇中の
習い事でもあります。
表現力やコミュニケーション力を養うとともに、体幹や足腰の
筋力を鍛えることができますよ。

まとめ

メジャーなものから珍しい習い事まで、ランキング形式でご紹介
しましたが、気になるものはありましたか?
習い事で重視すべきポイントは、習う目的、費用、エリアの3つ
と言われています。
体力をつけるならスポーツ系、学力をつけるなら学習系、感性を
豊かにするなら音楽系と、目的に合わせた習い事の種類を選び、
費用・お住まいのエリアから教室選びを進めてみましょう。

そして、くれぐれもお子さんの気持ちを大切にして、有意義な
習い事となるよう支えてあげて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました